"/>

「移りゆくすべてに」音楽情報

♬♪♫♩。。。ジャズを中心に。。。好きな曲を紹介しています!

Art-Blakey jazz..

Art Blakey & Jazz Messengers「Au Club Saint-Germain」

投稿日:


Freddie Hubbard & Art Blakey - Moanin'

楽天のポイントがたまってきたので、なにかCDでも購入しようかと思い立ち、さてと悩み、アート・ブレイキーに行き当たりました。
さっそくどのアルバムを購入しようか、楽しい選択の時間が始まり、名盤中の名盤「サンジェルマン」にしたのです。
送料手数料無料で、S-プレミアム価格 4,660円 (税込 4,893 円) 送料込でした。
届く日を楽しみにしておりました。
胸高鳴らせ、梱包を解くと、3枚組の贅沢なアルバムが現れてきました↓(クリック拡大)
art-blakey01 art-blakey02
CD本体の価格表示が、4800円で、当時の消費税3%が144円ですから、合計4944円が実際に販売されていた価格だったのでしょう。

さて、このアルバムは、アート・ブレイキーが率いるジャズ・メッセンジャーズが1958年パリ・サンジェル・マンで行った歴史的熱狂ライヴ盤です。
■レーベル:RCA
■1958年12月録音
■パーソネル:
# アート・ブレイキー Art Blakey ( Drums )
# ベニー・ゴルゾン Benny Golson ( Sax (Tenor) )
# ボビー・ティモンス Bobby Timmons ( Piano )
# ケニー・クラーク Kenny Clarke ( Drums )
# リー・モーガン Lee Morgan ( Trumpet )
# ジミー・メリット Jymie Merritt ( Contrabass )

なんと言っても3枚組です。
これでもかとばかり、Art Blakeyのドラムが炸裂しています。
ライブの熱気が目の前に繰り広げられます。
129分12秒の、トータル演奏時間はとてもとっても満足のゆくものです。
今この記事も、ドラムのリズムに合わせて書き綴っているのです。
客席からの合の声が、とてもマッチしています。
Disc2のしょっぱなの彼らの大ヒット曲「モーニン」では、聴衆の一人であった歌手で女性ピアニストのヘイゼル・スコットが、“Oh, Lord Have Mercy!” と叫び出しています。
そのことにより、このアルバムでは、曲目が、モーニン (Moanin' With Hazel)となっています。
他の曲もとても、熱気が凄まじく、ライブの魅力が満載のアルバムです。
メジャーな「ナウズ・ザ・タイム」「モーニン」「チュニジアの夜」なども、素晴らしいのですが、わたしは、3枚目のディスクの「アロング・ケイム・マノン」が好きです。
いずれにしても、珠玉の名アルバムではないでしょうか。

サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ
アート・ブレイキー
サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ
曲名リスト
Disc:1
1. ポライトリー
(Politely)
2. ウィスパー・ノット (Whisper Not)
3. ナウズ・ザ・タイム (Now's The Time)
4. ファースト・テーマ (The First Theme)
Disc:2
1. モーニン (Moanin' With Hazel)
2. エヴィデンス (Evidence)
3. ブルース・マーチ (Blues March)
4. ライク・サムワン・イン・ラヴ (Like Someone In Love)

Disc:3
1. アロング・ケイム・マノン (Along Came Betty)
2. アウト・オブ・ザ・パースト (Out of the Past)
3. チュニジアの夜 (Night in Tunisia)
4. テーマ (Ending With the Theme)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-Art-Blakey, jazz..
-, , , , ,

Copyright© 「移りゆくすべてに」音楽情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

Designed by Creative_hat / Freepik