"/>

「移りゆくすべてに」音楽情報

♬♪♫♩。。。ジャズを中心に。。。好きな曲を紹介しています!

j-pops.. カルメン・マキ

カルメン・マキ&Oz「私は風」

更新日:


カルメン・マキ 20世紀最後の私は風 part 1

カルメン・マキを紹介します。
彼女は、1951年、神奈川県鎌倉市生まれで東京育ちです。
私より6歳年上ですね。
父はアイルランドとユダヤの血を引くアメリカ人で、母は日本人です。
1968年、高校2年で中退し、寺山修司の劇団に入団します。
以後、1969年、ソニーレコードより「時には母のない子のように」で歌手デビュー、この曲は皆さんもご存知のように大ヒットとなり、レコード大賞を受賞しました。
とても暗く心に染込むような唄で、彼女の無表情でちょっと投げやりにも見えかねない、仕草が印象に残っています。
ただ、彼女の才能はここでとどまらず、ロックへの転向にて、より衝撃的な印象を、当時の若者に提供したのでした。

1972年、「カルメン・マキ&OZ」を結成します。
その頃、彼女は「ジャニス・ジョプリン」に影響を受けていたともいわれています。
この歴史的で絶対的なバンドの、初期メンバーは、春日博文(ギター)、鳴瀬喜博(ベース、後にカシオペア加入)、樋口晶之(ドラムス、元竜童組)で構成され、後にベーシストが、千代谷晃(1stアルバム時)、川上茂幸(2ndアルバム時)へとチェンジしていきました。

1974年にポリドールからシングル「午前一時のスケッチ」でデビューし、
翌1975年1月には、冒頭で紹介した、ファーストアルバム『カルメン・マキ&OZ』をリリースするのです。
このアルバムは、とても高い評価を得、10万枚以上を売る大ヒットとなりました。
この時の、マキの、シャウトする声質は、とても感動し身震いさえするのです。
そして、このアルバムに収録されている大作「私は風」は、日本のロック界の代表曲ともいえるのではないでしょうか。

今も活躍なされているカルメン・マキさんのオフィシャルサイトです↓
Carmen Maki Official Web
また、わたしは彼女の、とてもいろいろな表情が現れている、写真を見るのが大好きです。
のぞいてみてください。
その時々、その時代時代、その曲、そのアルバムごとに豊かでバラエテイにあふれる彼女を発見出来るのです。

下のアルバムは、「私は風」も含まれた最高の名盤だと強く感じています。
私は、最初の曲「六月の詩」も堪りません。
カルメン・マキ&OZ
カルメン・マキ&OZ
カルメン・マキ&OZ
曲名リスト
1. 六月の詩
2. 朝の風景
3. イメージ・ソング
4. 午前1時のスケッチ
5. きのう酒場で見た女
6. 私は風


Amazonで詳しく見る by G-Tools

-j-pops.., カルメン・マキ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 「移りゆくすべてに」音楽情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

Designed by Creative_hat / Freepik