"/>

「移りゆくすべてに」音楽情報

♬♪♫♩。。。ジャズを中心に。。。好きな曲を紹介しています!

Dusko Goykovich jazz..

Samba do Mar / Dusko Goykovich

更新日:


dusko gojkovic live @ ns jazz fest 007

Dusko Goykovichは、ジャズ・トランペット奏者であり、フリューゲル・ホーン奏者です。
1931年10月14日、旧ユーゴスラヴィア、ボスニア生まれの彼は、ジャズ界ではめずらしい東欧(ユーゴスラビア)出身です。
60年代には一時アメリカを舞台にしたこともありますが、その後ヨーロッパに戻って独自の活動を行っています。
彼の、このアルバムに今夢中です。
どう表現したら良いのでしょうか。
季節は秋が来る前くらいの夏で、時刻は夕暮れ。
太陽は沈んだのですが、まだ本格的な夜は来ていません。
遠い遠い異国の地の海岸線で、波の音を聞きながら、頭の片隅にぼんやりと流れているのです。
哀愁と寂しさと、郷愁と。。。
こんなシチュエーションは、私の人生ではあり得ないのですが、このアルバムを聴いていると駆け巡ってしまうのです。

演奏者は、下記です↓
Dusko Goykovich (trumpet, fluegelhorn)
Ferenc Snetberger (acoustic guitar)
Martin Gjakonovski (bass)
Jarrod Cagwin (drums)

私のこのアルバムのおすすめ曲は、
1曲目の、SAMBA DO MAR(サンバ・ド・マー)
Goykovichの、トランペットが堪りません。。
2曲目の、JIM'S BALLAD(ジムのバラード)
スローなテンポに時がとてもゆっくり流れてゆきます。
5曲目の、BACHIANAS BRASILEIRAS NO.5(ブラジル風バッハ第五番)
6分間の音楽が一つのストリーを奏でます。
特に前半2分の流れからアップテンポに変わるタイミングが、とてもリズミカルで魅せられます。
そして、4分経ったのちに、最初の哀愁のメロディーが再び流れます。

アルバム収録曲です↓
1. SAMBA DO MAR
2. JIM'S BALLAD
3. CHEGA DE SAUDADE (NO MORE BLUES)
4. INSENSATEZ (HOW INSENSITIVE)
5. BACHIANAS BRASILEIRAS NO.5
6. THE FISH
7. QUO VADIS
8. LOVE AND DECEPTION
9. DANCA COMIGO
10. SUNSET

今宵も「Samba do Mar」が、私の部屋で流れています。
サンバ・ド・マー
ダスコ・ゴイコヴィッチ
サンバ・ド・マー
曲名リスト
1. サンバ・ド・マー
2. ジムのバラード
3. 想い溢れて
4. ハウ・インセンシティヴ
5. ブラジル風バッハ第五番
6. ザ・フィッシュ
7. クゥオ・バディス
8. 愛と偽り
9. カム・ダンス・ウイズ・ミー
10. サンセット


Amazonで詳しく見る by G-Tools

-Dusko Goykovich, jazz..
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「移りゆくすべてに」音楽情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

Designed by Creative_hat / Freepik