" />

jazz..

02. jazz Clifford Brown

2018/5/2

Clifford Brown & Max Roach

https://youtu.be/mECjk17Sat8Video can't be loaded because JavaScript is disabled: Jor-Du / Max Roach And Clifford Brown In Concert (https://youtu.be/mECjk17Sat8) Jordu / The Best of Max Roach and Clifford Brown in Concert! 1954 analogue LP <Clifford Brown ...

02. jazz Thelonius Monk

2007/12/2

Thelonius Monk Quartet with John Coltrane

Thelonious Monkと、John Coltraneです。 それだけで、聴かないわけにはいかないでしょう。 カーネギーコンサートホールでの録音です。 私の好きな曲は、1曲目の<Monk's Mood>です。

02. jazz Joe Henderson

2007/11/3

Joe Henderson<Page One>

Joe Hendersonのアルバム<Page One>です。 1曲目の、Blue Bossaの演奏が大好きです。 気持ちよく邪魔にならない音楽と感じています。 ちいさく、ちいさく、音に合わせてつぶやいてしまうのです。 地味で渋めのプレイが、50のわたしには、マッチしています。 ちなみに、5曲目の人力車(jinrikisya)は、どういう意味なのか気になって仕方がありません。 Hendersonは、もう一枚、「Big Band」と名打つアルバムをもっています。 こちらの、「Recordame」という曲も、 ...

02. jazz Hank Mobley

2007/10/20

Hank Mobley<Dippin'>

Hank Mobleyです。 このアルバム<Dippin'>の中の、Recado Bossa Novaが、大好きです。 日本人で、ボサノバのこのメロディを知らない人はいないと思います。 気持ちが明るくなります。 Hank Mobleyは、<Soul Station>という有名なアルバムもありますが、私はこちらが好きです。

01. jazz-vocal Ella Fitzgerald

2018/5/3

Ella Fitzgerald<Mack The Knife>

Ella fitzgerald - Mack The Knife High quality 大御所登場です。 ジャズ・ヴォーカルの女王とも呼ばれる<Ella Fitzgerald>です。 1917年、アメリカ・バージニア州ニューポートニューズで、彼女は生誕しました。 史上最強スキャットとよばれるエラのベルリンでのライブ盤です。 観客の興奮が伝わってきます。 とにかく聴いてみてください。 体が自然に動きます。 わたしは、やはり<Mack The Knife>です。

01. jazz-vocal Nina simone

2007/8/7

Nina simone「Blue For You」

ニーナ・シモンです。 Jazz Vocalカテゴリーに、3回目の紹介です。 このアルバム<Blue For You>の、Feeling Goodが、好きです。

02. jazz Charlie Parker

2007/8/6

Charlie Parker & Dizzy Gillespie<Bird and Diz>

チャーリー・パーカー&ディジー・ガレスピーです。 二人がセッションしたアルバムは、いろいろありますが(ストーリー・オン・ダイアル、ジャズ・アット・マッセイ・ホ—ルなど)、わたしは、このアルバム<Bird and Diz>が一番好きです。 とくに、<My Melancholy Baby>が、おすすめです。 じつはいまも、この曲を聴きながら、ブログを書いています。 他にもよい曲がたくさんありますので、ぜひ一度聴いてみてください。

02. jazz Clifford Brown

2011/9/21

Clifford Brown & Max Roach「Study in Brown」

Clifford Brown & Max Roach です。 クリフォードとマックスローチは、1954年に結成していますが、クリフォードが、56年26歳で自動車事故で急死しています。 二人の組み合わせは、活動期間は短いけれど、すばらしい名演奏が多々残っています。 今回紹介するアルバムは<スタディ・イン・ブラウン>です。 どの曲も心に響くのですが、わたしのおすすめは、George's Dilemmaと、Take the 'A' Trainです。

Copyright© 「移りゆくすべてに」音楽情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.